前の記事< ish >次の記事
2005年04月18日

犬と動物学とウニ

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

050417_1600~001.jpg
 イイ顔です。

 犬画像がだけで終わりにしようかと思ったのですが、せっかくなので犬ネタを。

 実は結構犬好きです。
 とはいえ、好きなだけで飼ったことがないので、犬の種類や病気も詳しくないですし、しつけやペットショップ話もわかりません。
 「強迫行動、コンラート・ローレンツ、ドリトル先生」で書いたような動物学ネタの方がまだ親しいです。ローレンツは、犬好きで動物学に興味のある方なら絶対楽しめるので、参照してみてください。犬好きにとっつきやすいのは『人イヌにあう』です。犬とコヨーテや狼の関係、犬の社会行動など、非常に面白く読めます。

 で、他に何かネタはないかな、と思っていたら、すごいものを見つけました。

犬の全身骨格標本 犬の全身骨格標本 108,150円

 動物学で使う犬の骨格標本です。
 は71,000 円、馬の全身骨格標本は1,018,000 円でした。馬刺でも高いですからね……。

 本当に動物学をやっておられる方は淡々と眺めるのでしょうが、普通の犬好きにはアナザーワールドです。
 一連の動物学標本の中で思わずウケてしまったのがコレ。

ウニの標本、透明プレート埋め込み ウニの実物標本 透明プレート埋め込み 21,105円

 ウニですか。
 さすが、サイズの割にお値段も張ります。


『ゾウの時間 ネズミの時間 サイズの生物学』 中公新書 本川達雄 714円
 大分以前に読んだのですが、かなり印象に残っています。
 「車輪生物がなぜいないのか」など、個々のテーマも取っ付き易いです。燃焼効率で動物に勝てたのは自転車だけ(舗装道路あっての話ですが)、など、エコロジー話好きにもたまりません。
 「孤島などの限定的な環境では、大きいほ乳類は小さく、小さいものは大きくなり、犬猫くらいのサイズに落ち着く」という「島の法則」の話もこの本だった気がします(違ったかな?)。安易なアナロジーは危険ですが、日本と中国やアメリカのことなど連想してしまいます(笑)。
 そして「小さい動物は心臓が速く脈打ち、寿命が小さい」というあたり、『南くんの恋人』を思い出してしまったのはわたしだけでしょうか。
 ちょっと切ないです。

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:散歩 <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


犬と動物学とウニ

« 高級時計師 ロレックス、オメガからハトまで | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | 日向清人先生からメールが! »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?