前の記事< ish >次の記事
2005年04月21日

痴漢逮捕の現場を体験

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 少し前に朝のJRで女性専用車両が導入されて話題になっていました。
 わたしも毎朝殺人的な満員電車で通勤しています。
 あまりの混雑に痴漢どころじゃないでしょ、と思っていたら、先日とうとう痴漢の捕まる現場に居合わせてしまいました。

 「そういうイザコザかな」というのは体験したことがあったのですが、これほど間近なのは初めてでした。
 駅についたところで「痴漢です! この人痴漢です!」という女性の声。割と地味そうな高校生です。駅員が飛んできて、初老のサラリーマン風男性と電車を降りる降りないでもめ始めます。「違うよ、やってないよ」「このままじゃ発車できないから、とりあえず降りて」。結局駅員さんが押し切り、連れて行かれてしまいました。

 率直な気持ちを言えば、最初に感じたのは「可哀想」ということです。
 女子高生ではなくオジサンの方です。
 えん罪の可能性もありますが、とりあえず真犯人と仮定してみましょう。
 確かに痴漢は犯罪です。ただでさえも正気の沙汰とは思えない満員電車で辛いのに、わけのわからないオッサンに触られる不快さはよく理解できます。
 だからといって、ああまで騒いで恥をかかせ、下手をすれば職や家族まで失わせるような重罪でしょうか。

 実は女性専用車両が導入されたばかりの時に、某所の日記で以下のようなことを勢いで書きなぐり、御批判を受けたりしていました。

1 痴漢なんて抵抗しようと思えばいくらでもできる。痴漢の方がずっと弱い立場だ。
2 どうせなら痴漢を殴る蹴るして「正義」を満喫する方が得。
3 いっそ気の弱い女が満員電車を敬遠して少しでも空いてくれた方がマシ。
4 そもそも「女性専用車両」などラッシュの醜悪さを隠す鉄道会社のパフォーマンスにすぎない。
5 (批判に対し)分離という発想は長期的には大抵ロクな結果にならない。

 この記述は多分にネタ的なものであり、特に3については冗談でしかないのですが、1は真剣にそう思っています。
 わざわざ権力に訴えないと解決できないようなことなら、己の無力さこそ恥じるべきです。銃器を持った強盗に教われたわけではありません。少なくとも、「いつでも駅員や警察を呼べる」という特権でプレッシャーを与えるだけで十分なはずです(権力の「良い」活用法なんてこれくらいです)。そもそも、最初の段階でなぜはっきりと拒否の意志表示をしないのでしょうか。
 わたしの経験から言って、この段階でちょっと身体を揺するなりなんなりといった動作をすれば、大抵の痴漢は手を引いてくれます。それが通じなくても、声一つ出せば一瞬で止められるでしょう。その場でかかされる恥だけでも痴漢にとっては十分なダメージのはずです(痴漢に及ぶ人というのは、おそらく「イケナイこと」のスリルを楽しむところが大なわけで、むしろ一般人より世間体や恥に対する意識が高い気がします)。判断のタイミングを失する、ということもあるでしょうが、こんなことも出来ないほど気が弱いのでしょうか。
 あるいはもしかして、弱いのは仕方なく、守ってもらうのが当然、とでも思っているのでしょうか。そんな考え方こそ女性を一段下に見るオヤジ的発想と一蓮托生になのだと知るべきです。
 乱暴なことを言えば、弱いヤツが強いヤツに屈するのは当たりまえのことでしょう。
 実は弱くても強いフリをして、口八丁手八丁でも気合いでも乗り切るのが生きるということではないですか。強いものこそ美しく正しい、と自らに押し付けることによってこそ人は向上する、と少なくともわたしは信じています。
 稀に、未だに弱さを振りかざす白痴のような女を見かけることがありますが、「弱いなら死ねば?」としか考えられません。まぁ、弱さを振り回すのもある意味「強さ」というか、もしかすると本当はこちらの方がずっと「強い」のかもしれませんが……。
 ちなみについ先日痴漢防止、被害者や逮捕協力者に遅延証明というニュースがありましたが、これは被疑者には適用されないのでしょうか。現行犯とはいえ、まだ容疑が確定した訳ではありません。えん罪であれば受けるダメージは「被害者」の比ではないですし、遅延証明くらい出した方が被疑者も協力し易く、事実解明のためにもプラスになると思うのですが。

 まぁ、これが暴論なのはわかっています。
 それでもやはり、もう少しマシな選択肢というのは選べる気がしてなりません。
 お金をとったって良いじゃないですか。
 痴漢も助かればこっちも思わぬ収入、駅員さんや警察官もどうでもいい事件に時間をとられず、全員がハッピーになる解決法です。痴漢をするような人間に限って表立っては「お金を取るなんて非倫理的」などときれいごとを言うものですが、人間一皮剥けば全員汚いものですから、お金で解決するのは非常にスマートな方法です。
 わたしが痴漢の立場なら、これでも仕事や家族を失うよりマシだと思うでしょう。

 また考えなしなことを書いてしまいました。メチャクチャなのはわかっています。
 ただ、毎朝電車に乗る度に、やり場のない憤懣が湧いてきて、こんなしょうもないことをつい考えてしまいます。「我慢強さを鍛える修行」とでも思わなければ、とてもやり切れません。会社に着いて最初の一言が「疲れた」だったしります(笑)。
 鉄道会社は、女性専用車両などという冗談のようなパフォーマンスに興じているヒマがあったら、少しでもラッシュを緩和する策を考えて欲しいです。
 前に山手線の収納式座席のことを書きましたが、あれは素晴らしい発想です。
 非人間的? そもそも満員電車自体が尋常な世界ではないのですから、毒をもって毒を制すれば良いのです。是非郊外電車でも導入して欲しいです。

 少し前に満員電車のストレスは戦場以上というニュースがありました。確かにアレは戦争以外のなにものでもありません。
 先日も乗り合わせた電車で年配の女性が危険な倒れ方ををしていましたが、慣れないお年寄りが乗ったりしたら、本当に死人が出てもおかしくありません。
 女性専用車両を作るよりは「強度の圧迫と酸素欠乏・異臭により心身に重大な傷害を被る可能性があります」とかいう注意書きでも付けたらどうでしょうか。
 ついでに「凶暴な女性が乗車していることがあるので、痴漢行為は謹んで下さい」とでも書けば良いでしょう(笑)。


『ザ・痴漢ネット4 (UMD Video)』 GPミュージアムソフト 痴漢電車

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:世間・社会・歴史 <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


痴漢逮捕の現場を体験

« これがアイポットだ! | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | 『新プログラミング環境 C#がわかる+使える』 »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?