前の記事< ish >次の記事
2005年05月04日

バトーを待ちながら、名前の由来、サイボーグ004

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 プリクラを話題にした日、例の彼女とバトーの話になりました。
 バトーとは、もちろん『攻殻機動隊』(士郎正宗)の登場キャラクターです。彼女からは『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』のDVDを頂戴してしまっていて、流れはよく覚えていませんが、攻殻ネタで盛り上がっていたのです。

「バトーってセクシーだよねぇ」
「相手にしてくれなさそうなトコがいいよね」
「そうそう」

 しばらくして別の話題に移り、ふと会話が途切れました。その後、

「……わたし今、バトーのこと考えてた」

 と切り出したところ、

「あ、あたしも」。

 ヤバいです。妄想女子約二名です。

 前にブリアレオスのことを書いた時にも触れましたが、ああいうキャラに惹かれるのは、結局のところ子供っぽい王子様願望でしょう。「相手にされない」に焦がれるのは、それだけ相手にして欲しいからです。
 逆に言うと、素っ気ないキャラで色気を出している男の子は、甘えたで鬱陶しいオンナにまとわりつかれてさぞ大変なことでしょう(笑)。
 バトーみたいな男が本当にいるわけもなく、「恋愛なんて成り行きだからねぇ」と言いつつ無愛想な男を期待している様は、「ゴドー待ち」ならぬ「バトーを待ちながら」です。

 そんなバトーですが、今日気になって調べてみたことがあります。

 名前の由来です
 ランボー並に「罵倒」ということはないでしょうし、bateau(フランス語で「舟」)も違いそうなので、ググッてみたところ「攻殻機動隊の名前の由来」というページがあり、「攻殻機動隊のキャラ名は日本神話に由来するものが多く、バトーは馬頭観音だろう」という説が掲げられていました。

馬頭観音像33.5cm(高野玉仙作 蝋型青銅製)

 ……これ、バトーですか?

 でも馬頭観音について調べてみると

愛犬、愛猫、畜生界救済の観音さま。畜生道救済(畜生界におちた霊の成仏・ペット、家畜の冥福) 魔障除去 魔障による病気平癒と苦悩除去の功徳がある。

 とあり、『イノセンス』のバトー像とは奇しくもクロスオーバーするものがあります。士郎正宗が原作を書いた時点では想定していなかったはずですが、これも馬頭観音様のご利益でしょうか。というか、仏像だから日本神話ではない気もするのですが……。


 更に由来を探ってグルグルしてみたところ、「イノセンス不完全用語集」で私的新事実にぶつかりました。

バトーが九課の医療ラボで新たに装着した右腕は、 一発限りのグレネードが仕込まれている。

 惚れます。一発だけってところがエロいです。
 さらに、この事実を知った途端、あることが閃きました。

 「一発だけ爆弾が体内に」「無愛想だが情に篤い」「サイボーグ」。

 それって、サイボーグ004ハインリヒじゃないですか!

cyborg004.jpg

 絶対関係あるに違いない、と思って検索したのですが、「攻殻論Ver.1 β版 草薙素子は女権社会の夢を見るか?」に面白い指摘があるくらいです。後は勝手邦題に「イノセンス>サイボーグ0069。サイトーが004でボーマが008。003はトグサ」というネタあった程度で、結局両者の関係は不明なままです。

 実はわたしは004が大好きなのです。
 004は石ノ森章太郎の伝説的長編コミック『サイボーグ009』のキャラクターで、本名アルベルト・ハインリヒ、旧東ドイツ出身の30歳という設定です。
 『サイボーグ009』のキャラクターたちは不幸な過去を背負った人が多いのですが、中でも004は悲惨です。
 恋人を連れて西ドイツへ亡命をはかったところを国境警備兵の一斉射撃を浴び、恋人は死亡、重症を負ったままブラックゴースト団により連行されます。気がついた時には右手にマシンガン、左手にレーザーナイフ、両膝に対戦車ミサイル、体内に小型原子爆弾という、009の中でもきっての重装備サイボーグに改造されていたのです。
 個人的に最も印象深いのが『地下帝国ヨミ篇』での闘いです。
 地下帝国で出会った少女とロマンスに落ちかけるのですが、004はまたも敵の手によって想う人を奪われてしまいます。
 敵サイボーグと009の死闘が始まるのですが、二人は共に加速装置を備えたサイボーグです。加速装置を持たない004には、高速すぎて彼らの姿すら視認できません。
 それでも何とか自分の手で敵を討ちたい004は、目を閉じて飛び交う風切音に耳を澄ませます。そして聴覚だけを頼りに、レーザーナイフで敵の息の根を止めるのです。

 あぁ、泣けます。泣かせます。

 かなり子供の頃に読んだので記憶も微かなのですが、この『地下帝国ヨミ篇』は『サイボーグ009』の中でも屈指の傑作です。有名すぎるラストシーンは今思い出しても胸に迫るものがあります。そもそも本編の最後で009は完結する予定だったのですから。

 調べてみたところ、秋田書店版の5巻6巻が相当するらしいので、バトーファンの方はこちらもチェックしてみてください。

 例によって激しく話がズレたまま終了です。


攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG Official Log 2 DVD 4,032円

『押井守 文藝別冊』 河出書房新社 1,200円 寄稿しています。

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:映画・マンガ・サブカル <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


バトーを待ちながら、名前の由来、サイボーグ004

« プリクラ、プリクラ手帳、マージナルな中学 | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | アルベルト・ハインリヒからグリーンホーネット »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?