前の記事< ish >次の記事
2005年08月17日

「ホーリーランド」と半歩拳法

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 久しぶりに「ホーリーランド」のことでも書きます。

 何せテレビを持っていないのでドラマの方はよく知らないのですが、連載はなかなかイイ雰囲気ですね。
 「ホーリーランド」ファンの方には自明ですが、この漫画の醍醐味の一つは、異様に技術オタクライクな作者の「解説」です。古武道・中国武術系などが好きな人間にはたまらないものがあります。
 で、今回は右足を送り気味に打つ右ストレートですね。中国武術で言えばコン歩になるのかな。形意拳っぽいです。「場合によってはスイッチしてしまう」というところも武道オタクのツボを抑えてます。
 以前にもスイッチしながらの追い突きが扱われていましたが、この辺も格闘技的というよりは武道的な印象を受けます。
 で、今回のネタでふと思い出したのが「半歩拳法」という言葉です。
 一時期某八極拳団体が標榜していたコンセプトで、通常半歩出てワンツー、という動きになるところが、半歩でワン、さらに半歩でツー、という動作になるといったことを言っていたと思います(違ったらごめんなさい)。
 普通の格闘技的センスからいったら「使えない」とかなってしまうのかもしれませんが、これを自然にこなしている映像も見たことがあり、またよく観察していると似たことをしている格闘技者というのも存在します。形としての「逆突き」にとらわれていると見えてこない点のように思います(いわゆる弓歩というのは、あの形に移る力線に意味があるのではないでしょうか。よくわかりませんが)。
 この半歩拳法、わたしも真似して練習していたことがあって、当然ながらちゃんと打てたりはしないのですが、まっすぐ出して打ち抜く感じを養う上でよい練習のように思います。「捻る」動きでリアストレートを出してしまうと、ちょっと前の流行ではないですが、ナンバ的な体重の使い方ができなくなってしまうのではないでしょうか。

 まぁ、わたしは武道家でも格闘技者でもないただのオタクなので、端から見て面白がっているだけです。濃いコメントとかはノーサンキュ♪です。
 とりあえず、「ひねくれた敵が味方になってだんだん心を開いていく」少年漫画の王道パターンをほくそえみながら楽しんでおきます。

ホーリーランド 10

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:武道・身体操作・エクササイズ <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


「ホーリーランド」と半歩拳法

« 手作り 大豆イソフラボン ムダ毛抑制ローション またまたリピート | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | 洗濯機に死体が »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?