前の記事< ish >次の記事
2006年02月08日

MCP 70-316 for MCAD MCSD 受験体験記

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 MCP 70-316 Developing and Implementing Windows-based Applications with Microsoft Visual C# .NET and Microsoft Visual Studio .NET を受験、合格して参りました。
MCP 70-316 for MCAD MCSD 受験体験
 というわけで、一応受験体験記です。

 人並みに緊張して行ったのですが、はっきり言って楽勝でした。
 日頃C#で開発している人なら、普通に合格できる試験だと思います。「これからC#勉強します」という方はそれなりに苦労しないといけないでしょうが・・。
 ただ「仕事で朝から晩までC#を使っていれば何の対策もなくてOK」というわけではないです。
 そこはやはり試験ですから、一通りの対策をとっておかなければ、業務で使えていても楽勝とはいかないと思います。出題範囲の全機能を万遍なく使っている、という人はあまりいないでしょうし。
 といっても、70-316の試験対策はわたしの知る範囲で日本語書籍ではゼロ(洋書の赤本はあります)。
 MCSE系には溢れるほど情報があるのに、MCAD、MCSDはホント人気ないですね(笑)。
 eラーニング系ではiStudyクラムメディアがあり、前者が割りとメジャーなのですが、お値段的にはクラムメディアが割安。
 悩んだのですが、iStudyは会社からログインできるのか今ひとつよくわからなかったので、はっきり説明しているクラムメディアを選びました。

 結論から言えば大正解でした。
 的中率高すぎ、というよりもうほとんどそのまんまです。
 何か裏があるんじゃないか、とかんぐりたくなるくらい実試験そのものでした(笑)。
 70-316の試験時間は2時間半なのですが、全問解くのに30分もかからず、一応見直したのですが面倒になって終了ボタンを押してしまいました。
 そもそも70-316の合格点は700/1000とかなり緩いです。
 「またマイクロソフト商法にやられたか」とも思いましたが(笑)、実際試験対策で結構勉強になりましたから、得るものは得られたと思います。
 わたしとしては、MCP 70-316自体の価値より、試験対策過程で学んだことの値打ちが大きいです。

 MCP 70-316の出題範囲は、以下のようにアナウンスされています(カッコ内はわたしの補足)。

ユーザー サービスの作成(Visual StudioによるWindowsフォーム作成)
コンポーネントおよび .NET アセンブリの作成および管理
データの使用および操作(ADO.NETとSQL Server)
テストおよびデバッグ(特にトレース)
Windows ベースのアプリケーションの展開(インストーラ、GAC)
Windows ベースのアプリケーションの管理およびサポート(Ngen.exeがツボ)
Windows ベースのアプリケーションの構成およびセキュリティ保護(コードアクセスセキュリティとロールベースセキュリティ)

 このうちWindowsフォームの作成やインストーラの基本的作成法については、普通にVisual Studioで開発していればまず問題ないと思います。
 ADO.NETについても、C#で書いていて無縁、という人はあまりいないでしょう。ただ使う技が偏るのは人の常だと思うので(笑)、この機会に色々見直した方が吉。
 ポイントになるのはアセンブリの詳細、セキュリティ関係とSDKのツール類でしょう。
 賢い方は問題ないのかもしれませんが、個人的によくわかっていなかったところが多かったので、勉強できてラッキーでした。

 勉強法としては、クラムメディアを解いて解説のキーワードを元にMSDNをぐるぐる、その他わかりやすいサイトを探しつつ、今までに読んだ書籍を電車の中で復習しました。
 MSDNについては言うまでもないので、他で役に立ったのは、まずなにより吉松史彰さんのインサイド .NET Framework。セキュリティ関係が本当にわかりやすく、大変助かりました。恥ずかしながら、この分野についてかなり無知だったので、勉強できて助かりました。ノートにとってガリガリ整理しました。ありがとうございます。ここでざっと概要を学んで、細かいところはMSDNをさまよいましょう。
 SDKのツール類についてはほとんどMSDNの知識だけですが、「こんな便利なものがあったのかっ」と発見できて、これまたラッキー。
 書籍でおススメなのは、まずこれ。
プログラミングMicrosoft ADO.NETプログラミングMicrosoft ADO.NET
 名著です。
 試験対策に買ったわけではないですが、使ったことのない機能を中心に読み直しました。
 ADO.NETで開発するなら絶対持っておいて損はないです。C#をはじめたばかりのころ、この本にどれだけ助けられたかわかりません(笑)。
 70-316の試験範囲ともモロかぶります。

 アセンブリの詳細については、この本も良いです。
プログラミングMicrosoft .NET FrameworkプログラミングMicrosoft .NET Framework
 こういうアーキテクチャの本質部分は、娯楽としても純粋に楽しいです。
 ただ試験対策で読む本ではないですね。

 もしC#やVisual Studioをはじめたばかり、というようでしたら、
パーフェクトC#パーフェクトC#
 これも網羅的で使いやすいです。初心者向けです。
 つっこんだことは書いてありませんが、Windowsフォーム作成の基本などをざっと眺められます。
 今回パラパラ見直していたら「こんなプロパティあったんや~、実装書いて損した」という発見もありました(笑)。

 結論としては、純粋な試験対策としてはとりあえずクラムメディアでOKですね(笑)。
 これをやってわからなかったところを書籍やwebで学習、というのが一番早道だと思います。
 日頃バリバリやられている方なら、対策に一週間も要らないでしょう。

関連記事:
CCNA受験体験記

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:文学部情報処理科 <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


MCP 70-316 for MCAD MCSD 受験体験記

« 適応としての社内恋愛 | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | チョコラザーネプラスと「毎日かまってあげること」 »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?