前の記事< ish >次の記事
2006年11月12日

ソフトウエア開発の「更地主義」と憲法九条

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 少し前にITproでソフトウエア開発者の危うい「更地主義」という記事がありました。

(...)「もしアプリケーションを最初から書き直せば,アプリケーションの既存問題のほとんどを解決できる。現状のコードを更新して問題を解決するよりも,一から書き直す方が労力は少なくてすむ」こういった認識は,本当だろうか? (...)
 何が言いたいかというと,アプリケーション開発者の多くが「最初から書き直す」ことを一番良いと信じていることを問題視しているのだ。最初からやり直せればもっとうまくできるだろうという考えが間違いであることは再三証明されてきた。間違わないでもらいたいが,ビジネスの状況や技術的な理由によって,アプリケーションを捨ててしまわなければならないこともある。しかし,その方がいいと思ったからといって,(既存の機能を書き換えるのではなく)アプリケーションを最初から書き直すのは,十中八九間違っている。
 開発者にとって,ソフトウエアの更新は最初から書くより大変だ。しかし,古いコードがどれほど汚くても,「動いている」という重要な事実を忘れてはならない。古いコードはデバッグされているし,多くの場合,あなたが予測できないような出来事に対応するパッチも当たっている。最初からコードを書き直すのは,めったにやらないほうがいい。今日の更地は,明日の底なし沼だ。完全に書き直した方が簡単に見えても,歴史はそれが間違いであることを証明している。

 遺跡の迷宮のようなソースコードを辿りながら「一からやった方が速いよ!」と呪ったことのないプログラマはいないでしょう(笑)。
 かつてソフトウェア開発では「動いているソースに手を出すな」という教訓があったといいます。現在でも再利用の重要性は変わりませんが、「共有」の行き過ぎによる弊害や仕様変更への柔軟な対応の必要性等を前にして、リファクタリングやオブジェクト指向開発といった領域が開拓されていったのでしょう。
 リファクタリングはもちろん、闇雲にやり直すことではありませんが、非常に乱暴に「手を出さない<< >>やり直す」という対立軸を考えると、この頃の風向きはやや「やり直す」側に傾いているように感じます。上の記事は、このトレンドがイージーな方向に流れてしまわないように、というツッコミとも受け取れます。

 いきなり話が飛びますが、わたしがこの記事から連想したのは憲法九条のことでした。

 憲法九条改正を訴える方にも色々な人がいます。反米右翼的立場から「押し付け憲法」を否定する方、「普通の国」の仲間入りを目指す方、等々です(この「普通」は心の底から胡散臭いと思いますが、さらに話がズレるのでまたの機会に)。
 憲法九条と言っても、わたしが想起したのはその内容の是非ではありません。「戦争放棄と言いながら明らかに『軍隊』である自衛隊が存在するのは矛盾しているではないか」といった素朴な主張に表れるような、純粋な他との整合性・一貫性のことです。
 自衛隊と九条の両者をすり合わせる様々な理屈があることは百も承知の上で、やっぱり普通に考えて両者は折り合いが悪いように感じます。そこから「九条改正」に行くのか「自衛隊廃止」に行くのかはまったく別問題として、確かに九条とこの国の現状はどこかチグハグで煮えきらない印象を受けます。少なくとも、子供にわかるように説明するのは大変骨が折れることでしょう。
 で、何が言いたいかと言うと、「でもまぁ、現状なんとかやれているんだから、それはそれで大事にしなきゃいけないんじゃない?」というものすごい身も蓋もないことです。
 状況に矛盾を感じた時、これを正し、より良い社会を作り上げていこう、というモチベーションは評価されてしかるべきでしょう。というより、わたし自身が、こんがらがったものを見ると人一倍「ムキーッ!」となって、一からスッキリやり直したくなる性分なのです。
 でもですね、そんな薄汚く整合性の取れていないものでも、とにかく先週まで動いていて、今日も動いていて、多分来週も動いている、ということの値打ちを低く見積もってはいけない、と自戒を込めて思うのです。
 ことわっておきますが、わたしは「断固護憲!」などと言いたいわけではまったくありません。護憲な主張もわかりますが、改憲を訴える人の思想にも共感できる部分があります。
 また日本で護憲を訴えている人々の多くについて、かなり不快にも感じています。「頑固に平和」なオバチャンたちは、政治の前に南国の野鳥のようなファッションセンスをどうにかして欲しいです(註1)。リベラルと言われるサヨクな人びとは、実際に会ってみると余裕たっぷりの「中産階級」オバチャンや大学人だったりして、本来「サヨク」が連帯すべきであったリアリティから大きく遊離しています。「こんなヤツらが訴えていなかったら、もっとリベラルな言説を堂々と口にできるのに」とすら思います。

 護憲か改憲か、どうしても一つ選べと言うなら、わたしは「護憲」です。
 しかしそれは今の憲法が素晴らしいと思っているからというより、良くも悪くも「とりあえず現状で」といった惰性から来るものです。実にだらしないです。
 しかし「現状維持」がそれほどダメなものでしょうか。
 現状が壊滅的に受け入れがたいのならともかく、とにもかくにもやっていけているのなら、それはそれで正当に評価すべきです。「今既にあるもの」の価値は、往々にして低く見積もられすぎるものです。
 「現状を維持するためにこそ改革が必要なのだ!」という主張があることをわかった上で言いますが、(わたしを含めた)小賢しく整合性を考えてしまいがちな人間は、こんがらがったソースコードがとにかく動いている、という現実をもうちょっとだけ評価してあげるべきです。
 しかも憲法九条のパフォーマンスは、それほど悪いものではありません。挙動にやや不審なところは残るものの、お客様もとりあえずは満足されているでしょう。
 「致命的事態に陥る前に今修正するのだ」といった主張は確かにカッコイイですが、本当に「致命的事態」になった時には、さらに状況が変化しているものです。その変化を織り込んだプランを「今」考え実行するというのは、至難の業です(註2)。下手をするとより一層ぐちゃぐちゃのソースを建て増しする結果にならないとも限りません。

 えーと、要するに憲法九条プロパーのことは割りとどうでも良くて、「現状」というものに対する感慨を書き付けただけでした。
 なんだか言えば言うほど説得力のなくなる主張で、「あ、こういう考えの人はそもそも最初から言葉にしようとしないのね」と書きながら気付きましたが、もう書いてしまったのでとりあえず「現状」でポストしておきます。


註1:註を付けて書くようなことではないのですが、あの人たち御用達の「ブティック」があるという噂を聞いたことがあります。その店に入ると「ここで売ってたのかぁぁっ!」にああいう服ばかりが並んでいるそうです。というか、「ブティック」という単語でもうヤバい匂いがするんですけど・・。

註2:このことを考えるとき、わたしが連想するのは「二十の質問」です。「二十の質問」というのは、出題者が心に描いている「何か」を言い当てるゲームで、「それは食べ物ですか?」「二週間以内に食べたことがありますか?」といった質問を繰り返すことで、「何か」を同定する、というものです。この時、もし二十の質問を予め全部考えた上で当てようとしたら、正解に至る可能性は極めて低いものになるでしょう。「何か」を言い当てることができるのは、質問に対する答えを聞いた上で次の質問を考えるからです。要するに起きてしまった状況に対し臨機応変に次の手を打つからこそ、有効な対応か可能になる、ということです。

関連するかもしれない記事:
『誇りを持って戦争から逃げろ! 』 中山 治

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:文学部情報処理科 <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


ソフトウエア開発の「更地主義」と憲法九条

« マシュー・ハーバートと浜崎あゆみ | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | 「余り」について »

コメント

ソフトウェア開発者としてちょっとコメントします。
ソフトウェア開発の例の場合はある程度経験則が役に立ちます。修正もどこまで深いところまで直すか(修正範囲は広さではなく深さです。構造化プログラミングをしていれば深さが影響範囲の広さにつながるからです。)というところが重要になってきます。これだめだから全部書き直しちゃえ、えいっ。ってならないで、どこまでの深さなら安全かを考えて修正します。この深さを計るのに経験値が役に立ちます。
ところが憲法問題になると、そもそも日本の憲法第9条なんて世界でも例を見ない憲法です。その改憲なんて誰も経験で語れるものではないでしょう。せいぜい歴史から学ぶくらいです。
勢い、全部変えちゃえ、えいっ。ってなりそうになってしまいます(笑)。改憲か護憲かよりもどこまでの深さの改修が必要なのかということのほうが重要なのではないかと思います。
そういうわけで、わたしはとりあえず護憲よりは、現状のいいところを残しつつ、どこを変えたらいいのかってことを深く議論したほうがいいんじゃないかなって思います。
そういうわたしは気持ち的には護憲です。平和主義を貫こうよって思います。いまになって憲法改正なんていままでなんのためにこの憲法があったのかって思っちゃいます。いまこの憲法を守ってこそ日本の平和主義が護られるのだと思ってます。平和なときに平和主義を叫ぶなんて誰でも出来るわいっ。

投稿者 よう [TypeKey Profile Page] : 2006年11月13日 14:50

コメントありがとうございます。
修正の「深さ」という視点は示唆的ですね。
本文でも書いていますが、わたしが気になったのは「現状」というものそのもので、おっしゃるとおりソフトウェア開発と憲法改正で単純なアナロジーが成り立つとは思っていません。
ですが改めて憲法プロパーについて考えたとき、修正のノウハウなどというものも無いに等しいわけですし、試しに変えて様子をみるわけにもいきません(笑)。確かに議論を通じてシミュレートを重ねるより他にないでしょうね。
例え「護憲」よりの立場だったとしても、議論をタブー視してはいけないと思うのですが、一方で議論の時点で既に心情的なバイアスがかかりまくってしまう分野なので、ますますややこしいんですよね。
そういう時は、最初は多少ヒステリックな意見が出ても、話しまくって皆で「慣れて」しまうしかない気もします。

投稿者 ishyou [TypeKey Profile Page] : 2006年11月16日 23:20

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?