前の記事< ish >次の記事
2007年01月21日

日記を書く場所がないので、たまには日記を書いてみる

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 これはなんだろう。
  町田康の「告白」の最後で、盆踊りの狂騒を眺める彼岸の熊太郎、という場面があるが、そんな幽霊になったようだ。
 目の前にいるのに、とてもとても遠い。
 でもそれは悪い気分ではなく、彼岸から遠い子孫を見守っているような気持ちになる。

 例えば、知り合いのカップルと三人で話す時。心地よい(わたしはこの位置に慣れていて、しかも好きだ。とてもずるいやり方だと思う)。
 例えば、少年。まだ何も見ていない少女。

 わたしは十分にわたしでなくなり、だからわたしはわたしになったのだろうか。
 あるいは、そんなことは遠い昔に起こっていて、やっと思い出しつつあるのだろうか。
 もしそれを十分に思い出していたら、わたしは<ここ>にはいないはずだ。だからやっぱり、これは依然として、わたしが死んでから本当に死ぬまでの、短い踊り場ということなのだろうか。

 様々な男たち、様々な女たちが、糸車となってベッドの向こうに消えていく。
 誰かが享楽している。
 たぶん、そのどれかがわたしだったのだろうけれど、誰がわたしなのかは、未だ思い出せない。

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:メモニッキ☆ <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


日記を書く場所がないので、たまには日記を書いてみる

« 2ちゃんねる型「正義感」、善意、価値判断と事実認識 | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | 中東イスラーム民族史―競合するアラブ、イラン、トルコ »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?