前の記事< ish >次の記事
2007年04月27日

ブートキャンプ まとめ&効果

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 ブートキャンプのまとめとしては、とりあえずわたしは非常に気に入っているし、ある種のタイプ(後述)の人には自信をもってお勧めできます。
 ただ、当たり前ですが「一週間で5キロ」というのは誇大広告でしょう(笑)。
 最初にも書きましたが、そもそも運動による消費カロリーだけで痩せる、というのはかなり無理があります。
 重要なのは、「楽しく運動する習慣を取り入れる」ことです。それにより、第一に基礎代謝があがり、第二にストレス解消になります。
 肥満の原因の最たるものはストレスだと思います。
 食生活についての基礎知識があることが前提ですが(これがない人も大勢います。特に男性は呆れるほど無知)、それがわかっていて、なおコントロールできていない場合、物質的な面より精神的面を疑った方が良いです。
 太るとわかっているのに寝る前に食べてしまう。しかもジャンクなものを。
 こうした心理の背景には「このまま一日が終わってしまうのか」「ただ疲れただけだった」という満たされない感じがあると思います。達成感の得られない業務についている時などは特にそうでしょう。また孤独感なども原因になります(孤独自体ではなく、「孤独感」が問題)。
 それを埋め合わせるように食べてしまうわけから、何か別のものを「食べる」、本当に自分自身のためになり(自分のためだけになる)、満たされるもので埋めてやれば良いのです。

 もちろん、それも簡単ではなく、各人が自分に合ったものを見つける必要があります。
 ブートキャンプをお勧めできるのは、

・運動は嫌いではないが、あまりに過酷なものはイヤ
・格闘くさいものに憧れるが、痛いのはイヤ
・運動しているところを人に見られたくない
・エクササイズを通じて人と出会ったりは別にしたくない
・でもあんまり孤独だと続けられない

 という方です。
 人と一緒の方が合っている方は、ジムに行かれた方が良いでしょう。
 「一人でやりたい、でも孤独すぎるのはイヤ、一体感や達成感が欲しい」というわがままな欲求に、異様に良く答えてくれているのがブートキャンプです。
 運動全般に言えますが、見ていて「やりたい!」と思うものがあなたに合ったエクササイズです。CMを見て惹かれるものがあれば、素質があります。

 運動自体としてはブートキャンプより効果的なものは沢山あるでしょうし、そもそも本格的なエクササイズに比べると負荷が軽すぎます。特にビリーバンドを使わないと上半身にはまるで効きません。
 でもとにかく一歩踏み出すことが大切。そして続けること。
 文字通り「一週間」では仕方ないので、気長に楽しくやったら良いと思います。一週間でやめたら、ただ筋肉痛の辛い思い出が残るだけです。びっちり毎日やるのが大変だったら、時々休むのもアリでしょう。
 わたしは現在「腹筋プログラム」は「最終プログラム」を一日でやって、「休み」を作るための日にちを稼いでいます。単にサボると良心が辛いので(笑)。ちなみに「最終->腹筋」の順番がお勧め。
 最近は慣れてきたこともあり、休日は「基本」または「応用」と「腹筋」を続けてやったりします。「最終」「腹筋」単独では有酸素的に短すぎます(慣れるまではムダにがんばっちゃダメよ)。適応してきたら、バンドを短くして負荷をかけていきましょう。
 普段運動していない方は最初は筋肉痛が辛いでしょうが(筋肉痛にならないならやり方が間違っているはず)、初回に筋肉痛にもならない運動はまったく意味がないですし、二週間もすればびっくりするくらい体力がついていきますから、心配しないで大丈夫です。

 注意点としては、

・5000円キャッシュバックはショップジャパンで購入した場合だけ
・CMは吹き替えだけれど、本物は字幕
・振動対策必須

 といった辺りでしょうか。字幕も英語のトレーニングも兼ねていると思えばプラスでしょう。
 振動対策について、わたしはジム用の防振マットを持っている変人なのでこれを使っていますが、折りたたんだりはできないので、普通の方は丸められるマットの方が良いかもしれません。ただ、丸められるタイプの場合厚さが足りない気もするので、なるべく肉厚のものがお勧めです。
 また、クールダウンはあるもののストレッチは不十分なので、終わった後で時間をかけて伸ばした方が良いと思います。
 「ブートキャンプ > シャワー > パックしながらストレッチ」というコースをやればスキンケアにもなって一石二鳥。
 それから、寝る直前などに運動してしまうと寝付けなかったり睡眠が浅くなり、「不眠 > ストレス > 過食 > 肥満」の悪プロセスを招いてしまいます。昼間にやるのがベストですが、普通の勤労者には無理ですから、帰宅したら即ブートキャンプしましょう。わたしは残業しないでブートキャンプするため、前より労働集中力が上がりました(笑)。
 基本情報はBilly's BootCampまとめウィキなどに詳しいです。

 さて、気になる効果です。
 現在およそ三週間続けたところですが、2.5kgほど減量。ちゃんと痩せています。
 ただし、食生活は必ず管理する必要があります。無理な食事制限をする必要はありませんが、肉や揚げ物・甘いものを平気で食べているようではいくら運動しても体重が減るわけがありません。
 わたしの食生活についてはダイエット・食と健康のカテゴリに色々エントリを立てていますが、異様に「ルール」重視のヘンテコなものです。現在の「食信仰」については、近くまとめのエントリを立てます。

 社交性はないけれど密かに魂は熱い、そういうわたしと同タイプの社会不適応者同胞の皆さん、是非一緒にブートキャンプやりましょう。
 痩せるとか何とか言う以前に気持ちが前向きになりますし、とにかく単純に楽しいですから!
 脂肪よりも魂が燃える、それがブートキャンプです。


『ヨガストレッチマットPER(エコタイプ) ライトブルー YK600』 ヨガストレッチヨガストレッチマット

ブートキャンプ関連エントリ:
ブートキャンプやってます!
ブートキャンプ日記

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:武道・身体操作・エクササイズ <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


ブートキャンプ まとめ&効果

« ブートキャンプ日記 | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | ファシズム・全体・死者とネットの人間関係 »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?