前の記事< ish >次の記事
2007年04月30日

にせファシスト

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 「応用編」に行こうかと思いましたが、前回のエントリを一点補足します。

 気をつけて欲しいのは、「結果としてのファシズム」と「ファシズム」は全然違う、ということです。
 例えば、石原都知事はファシストを自称していません。しかし、一部に彼を「ファシスト」と罵る声もあります。もしかすると、政策や手法の一部には「ファシスト的」な部分があるかもしれません。話をわかりやすくするため、石原さんには悪いですが、彼の政治の中に結構「ファシスト的」な要素がある、と仮定してみましょう。
 この場合、石原都知事は「ファシスト」あるいは「かなりファシスト」でしょうか。少なくともここで取り上げているファシズムについて言えば、答えはノーです。
 なぜなら、「ファシズム」の最大要点の一つは「敢えてファシズム」にあるからです。「ファシズム」の語の重要なところは、定着し切ったイメージの中からどういうアクロバットを見せるのか、という点にある以上、自分で「ファシスト」とも言えないような臆病者をファシストの仲間に数えることはできません。
 「でも、実際にやっていることがファシズムなら、それはファシストではないか」と思われるでしょう。
 もう一つの要点を思い出してください。「人間、理屈じゃない」という屁理屈、「イズム」なき「イズム」です。
 ファシズムというものは、いくつかのポイントになる属性はあるものの、それ以前に「理屈じゃない」という最終屁理屈なのです。マルキシズムやサンディカリズムのような「イズム」仲間とパラレルになるような「これぞファシズム」というものが一次に来るのではなく、ディレクトリの秩序を乱すメタ的な存在なのです。dirとかlsした時の「..」みたいなヤツです。
 「これぞファシズム」となるものがそもそも「イズム」的ではないことなのですから、「実際にやっていることがファシズム」などとは簡単に言えません。それは歴史的ファシズムが過去にやったことのイメージに引きずられているだけです(もちろん、新型ファシストがそれらから自由なわけではない)。

 これは単に「言ってることとやってることが違う」ということではありません。
 今「ファシスト」を名乗ることは、「言ってることとやってることが違うかもしれないよー」と暗黙的匂わせながら、本当に「言ってることと違う」ことをやってしまう、ということです。仮想石原さんは「言っていることと同じことをする」と言いながら(想定されながら)違うことをしているわけですから、「ファシスト」ではありません。単なるウソツキです(仮想石原さんですからね、あくまで)。
 クレタ人のパラドックスのようですが、さらに一ひねりあります。ファシスト宣言は「言ってることとやってることが違うかもしれないよー」と匂わせながら、ちゃんと約束を守ることもあるからです。「結構守るけど時々破るよ」というか、もう全然アテになりません
 しかし「ファシスト」の場合、アテにならなさ加減というのを初めから表現しているわけですから、ある意味とても正直な政治家です。率直すぎるくらい率直です。一般に正直すぎる人は政治家に向きませんが、それも二の次です。

 ここで論じたいのはもちろん、「結果としてのファシズム」ではなく「ファシズム」です。「結果としてのファシズム」など、ファシズムの風上にもおけない偽ファシズムで、ちっとも美しくありません。
 偽ファシストなら日本の政治家にも掃いて捨てるほどいますから、掃いて捨てましょう。

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:ファシズム, 文学・思想 <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


にせファシスト

« 「敢えてファシズム」 | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | ファンタジーとファシズム »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?