前の記事< ish >次の記事
2007年05月07日

なぜ小麦を食べてはいけないのか

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 小麦と言えばデブの元。高カロリー、特にパンは高GI値で良いところありません。
 でも河口さんの指摘されるのは、小麦そのものの害毒ではありません。なぜ小麦がいけないかというと、

小麦を食べることにより私たちはほとんど気が付かずに「油」と「精製糖」を大量に摂取することになるからである。
(・・・)
小麦は米やトウモロコシと違って種子を「粒」のまま食べることができない。(・・・)小麦はその特性を利用するためにも粉にすることが運命づけられているのである。
(・・・)
小麦にはもう一つの決定的な特徴がある。それは小麦そのものの食味が、米やトウモロコシに比べて悪いという点である。わかりやすい表現を使えば、単品で比べると米やトウモロシに比べて「マズイ」のである。米やトウモロコシにはそのまま煮て食べる食べ方があるが、小麦にはそれ「のみ」を食べるという調理法がない(普及しない)のはそのためである。また世界的に見ると、小麦と米が両方栽培可能な地域では、小麦ではなく米が栽培される傾向がある。
(・・・)
さて、結果この「粉にする」と「マズイ」という特徴から必然的に生まれてくるのは「粉に何か混ぜておいしくする」という発想で、その美味しくするお手軽な方法が「油(脂)」と「精製糖」を加えることなのである。また、直接それらを加える訳ではないがラーメンやパスタ、お好み焼きなどのように油を多く含むスープ(ソース)と共に食べるという作法もある。

 ほとんどのパンがトランス脂肪酸で大変評判の悪いマーガリン・ショートニングと砂糖が含まれているのはご存知の通り。また粉にすることで消化率が約90%から約100%へと上昇することも指摘されています。
 「全粒粉のパンならいいんじゃない?」と言われるかもしれませんが、市販されている「全粒パン」のほとんどは「全粒粉入っています・・・ちょっとは」という程度で、八割方は普通の小麦粉です(成分表示は含有量の多い順に表記されているので確認してみてください)。健康食品系のショップの「全粒パン」でも60%程度のことがあります。文字通り全粒粉100%のパンは伝統パンを作るお店か健康食品ショップでしかまず手に入りません。
 小麦を避けることで高カロリー食を結果的に回避できる。わかりやすいし、素晴らしい指針です。
 まずい食べ方を我慢すれば小麦自体が「悪」というほどではないでしょうが、これまた個人的にはプラスの疑惑があります。小麦グルテン(小麦たんぱく)です。
 グルテンもカゼインと同じくアレルゲンになるほか、自閉症の患者さんなどで中途分解物が脳に悪影響を及ぼしている可能性が指摘されています。グルテン-カゼイン遮断により、自閉症や統合失調症の症状が改善を見た、という報告も多数あります。肉の時にも指摘しましたが、痩身ダイエットでは「ジョーカー」的存在のたんぱく質について、もうちょっと慎重になる必要があります。
 加えて、ほぼ純国産の米に対し、小麦は輸入がほとんど。外国で作られたからダメ、ということはありませんし、農薬等の規制にしても日本なら安全、とは言いがたいでしょう。むしろ「遠くからわざわざ運んでくる」というところに罠があります。穀類はもともと保存のきく食品なので比較的影響は少ないでしょうが、食品によっては運搬のために無用な保存処理が施されていることがあります。
 というわけで、小麦も原則遮断。

 本音を言うと、小麦はちょっと辛いんですよね。
 肉は食べたいとも思わないし、乳製品を避けるのはそんなに難しくないのですが、小麦は食生活の至るところに混入している上(蕎麦も安い蕎麦は小麦主体)、パンは好きなんです。
 でも、自分と似た方針の方に「小麦だめ」とはっきり言ってもらって勇気付けられました。
 「欲しがりません、勝つまでは」精神です。結局日本は負けたんだかから、まだ欲しがっちゃだめなんですよ(笑)。
 まぁ、お菓子類・揚げ物は論外として、純粋に小麦というだけなら多少摂取しても良いのではないかとは思いますが。

 というわけで、一般的には「米を食べなさい」で決着なのですが、もうちょっとオマケすると、わたしは穀類そのものもできるだけ避けています(食べないわけではない)。
 「じゃぁ何を食べんねん!」と言うと、それはです。
 穀類というのは、人類全体の歴史から考えると比較的最近になって栽培されるようになったものです。穀物は農耕生活が前提になっていますが、芋はその辺に生えています。狩猟・採集のO型としては、少しでも古い食品の方がよろしいのではないのか、という個人的信仰。
 「ここまで来て血液型ダイエットかい」というツッコミが聞こえるようですが、要するにより長い期間人類が適応対象としてきた食品の方がよりナンボかマシだろう、という発想です。
 芋の中ではジャガイモよりはサツマイモ、サツマイモよりはサトイモがGI値的に吉。わたしはサツマイモ好きなのでつい食べてしまいますが。
 どれもそれなりにカロリーありますが、穀類の代わりに主食にするならよろしいのではないでしょうか。

 またまた長くなったので「甘味」は次回。

ゆきひかり米使用 おこめ安心パン

 米粉100%のパンです。
 米粉100%でも小麦グルテンが付加されているパンが多いのですが、このパンはグルテンも使用していません。さらにバターもショートニングも使っていないので、アレルギー体質やグルテン・カゼイン遮断を試されている方にはぴったりでしょう。
 念のためですが、スーパーなどで売っている「玄米パン」は「全粒パン」と一緒で「玄米入ってます」という程度ですから論外です。

『ダイエットミシュラン』 河口哲也 『ダイエットミシュラン』 河口哲也

関連記事:
「肉を食べないのは動物性脂肪のためではない」
「カロリーゼロの人口甘味料はなぜいけないのか」
「食と戒律、越境するファンタジー=愛」

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:ダイエット・食と健康 <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


なぜ小麦を食べてはいけないのか

« 肉を食べないのは動物性脂肪のためではない | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | カロリーゼロの人口甘味料はなぜいけないのか »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?