前の記事< ish >次の記事
2007年05月10日

米大統領候補マイク・グラベルさんがオトコマエすぎる

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 非常に話題になっているのでご覧になった方も多いと思いますが、異色のド根性大統領候補:マイク・グラベルという記事が素晴らしいです。
 民主党大統領候補の中では「泡沫」と言えるマイク・グラベルさん。その発言が余りにも余りにもカッコ良過ぎます。

まあ、まず第一に理解しなきゃならんのは、ジョージ・ブッシュが詐欺的な基準に基づいてイラクに侵攻した時点でこの戦争は敗北していたということですな
主流派の候補者諸君は、イランに関してはあらゆる可能性を検討するなんて言っている。そりゃつまり、核攻撃もありうるということじゃないか。核兵器だ。言っとくが、私が大統領になったら、核兵器による先制攻撃など絶対にやらないぞ。わしが思うに、そりゃ不道徳だよ。もっとも、過去50年間のアメリカ外交はずっと不道徳だったがね。
我が国はさっさと撤退すべきなんだ。何もせず撤退するんだ。彼らの国なんだぞ。彼らは我々に出て行けと言ってるんだ。(・・・)なぜ出て行かない?どんな害があるというんだね?まあ、“それじゃ兵隊達の死が無駄になるじゃないか”という声もあるが、ベトナム戦争だって全部無駄死にだったじゃないか。今この瞬間にも、どんどん無駄に死んでいくんだぞ。1人の兵士が無駄に死ぬ以上に酷いことは何だと思うかね?もっとたくさんの兵士が無駄に死ぬことさ!
(「イラク以外に合衆国にとって脅威となる国は?」という問いに答えて)重大な敵などいない。(・・・)我が国は世界の全ての国を合わせたよりも多くの金を防衛に費やしているんだ。一体何を恐れる必要がある?ブライアン、一体誰が怖いと言うのかね?わしゃ何にも怖くないぞ。
我が国はテロリズムを誤解している。テロリズムとは文明の始まりから存在したし、文明の終わりまでつきまとうんだ。テロ戦争における成功はドラッグ戦争と同じ程度だ。効果ないんだよ。
イランなら、我が国はもう26年間も経済制裁してるじゃないか。合衆国大統領は彼らを“悪魔”と呼んで、連中をひどく脅してるんだ。それでどうなる?そんなことに効果などない。意味ないんだよ。彼らを認めるべきだ。わかるか?核不拡散条約の最大の違反国は誰だ?アメリカ合衆国だよ!

 少なくとも現在のわたしは闇雲に「アンチ・アメリカ」という訳では全然ないですし、アメリカがここ数年取ってきた政策が正しかったとか間違っていたとか、そういうことを問題にしたいわけではありません。
 内容の是非とか政策としての正しさとか、そんな議論よりはるかに根本的なところで、とにかくオトコマエです。
 仕事中にこっそり覗いて、うっかり胸が熱くなってしまいました。

 ちなみに76歳のマイク・グラベルさんは、格安長距離バスで移動し、一泊55ドルのモーテルに泊まって活動しているそうです。
 マイク・グラベルさんが大統領になることはまずあり得ないでしょうけれど、逆説的ながら、こういう人物がとにかく「候補」にまではなれる点では、そこそこアメリカが好きです。

 アメリカ国民でもないわたしたちとしては、素朴に「オモロイ爺さん」として楽しんでしまったりもするのですが、アメリカ国民の、しかもおそらくは人一倍「愛国心」の強い人物が、公共の場でこうした発言をされることの気迫は想像以上なのではないかと思います。
 大昔にパリでブラブラしていた時、あるアメリカ人の青年と知り合いになりました。
 ほとんどのアメリカ人「短期留学生」が単に卒業旅行的にバカンスを楽しんでいるだけで、「語学留学」の建前にも関わらず須らく英語で通していたのに対し、彼は断固としてフランス語以外使おうとしませんでした。決して堪能とは言えず、わたし以下のフランス語しか話せませんでした。
 そのつたないフランス語で彼が熱く語ろうとしていたのが、自国政策への批判でした。ちょっと浪花節すぎるかもしれませんが、素朴にカッコ良かったです。

 選挙をプロパガンダの手段にしたって大いに結構じゃないですか。
 外山恒一さんについても、「売名行為」のような批判がありますが、とにかく大きな声で言いたいこと、(当人にとって)言うべきことを叫べるというのは得がたい機会です。
 言いたいことも言わない、というよりそもそも言いたいことなんてないような候補が当選するのはわかっているのですから、むしろこういう使い方こそ選挙の正しい「利用法」のような気さえします。

 マイク・グラベルさん、アンタ本物の侠だよ。


『「今のアメリカ」がわかる本―この国を知れば「世界」が見える!』 渡部恒雄 『「今のアメリカ」がわかる本―この国を知れば「世界」が見える!』 渡部恒雄

関連記事:
『イラク』スラヴォイ・ジジェク
『アメリカよ、美しく年をとれ』 猿谷要
『誇りを持って戦争から逃げろ! 』 中山 治

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:世間・社会・歴史 <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


米大統領候補マイク・グラベルさんがオトコマエすぎる

« 表示速度測定ツール | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | ビリーズブートキャンプ 効果 続報 »

コメント

はじめまして。遅いコメントですが、なんかもう、アメリカ民衆説話の主人公、ポールバニヤンとかの域に達してますね。素晴らしい。外山さんについてはよく知らないですけど、小粒過ぎるのでは?まあ、小生、立候補したことがないので、それはそれで素晴らしいです。でも・・・。

投稿者 nobody [TypeKey Profile Page] : 2008年02月17日 05:22

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?