前の記事< ish >次の記事
2007年07月13日

ブートキャンプのちょっと格闘技な使い方

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加

 相変わらずブートキャンプを続けています。
 もうすっかり適応してしまったので、以前からの稽古とマージして、ブートキャンプをより効果的に利用するトレーニングを試しています。
 ある程度ブートキャンプを続けていて「更に効果を出したい」と思っている方に、わたしなりのカスタマイズ方法を紹介してみます。

 まず、当たり前ですが、適応に応じて負荷を上げていかなければ効果的なトレーニングにはなりません。
 ある程度こなしている方なら次に何のメニューが来るかは覚えているハズですから、ビリーが説明している間も、チンタラウォーキングなどせず、一回でも多く回数をこなす。「ゆっくり数セットやってから速く」のパターンの時は、なるべく最初からフルスピードで行う。バンドをクロスさせたり手首に巻き付けて、負荷を強める。
 もちろん、最初から頑張る必要はまったくないですし、フォームが乱れるくらいならゆっくり確実にやるべきですが、「余裕」になってきたら、少しずつ負荷強化したり、変化をつけてやらないと、効果が出にくくなります。変化を感じられないと人間は飽きてきてしまいますから、楽しめる範囲でハードにやった方が長続きすると思います。
 休まず動き続ける自分に酔えば乗り切れます

 お薦めしたいポイントとしては、「ビリーバンドを握るとき、小指・薬指側を意識する」ことがあります。
 効率的な身体運用のポイントの一つに、「足は親指、手は小指」があります。下半身は拇指球を中心にニワトリのように地面を掴むイメージ、手は小指側の、特に末梢の第一関節に意識がある方が全身の力をうまく末端に伝えることができます。親指と人差し指で「ギュッ」と握ると、屈筋系が力んで固い動きになり、体幹のパワーが末端に伝わりにくくなります。
 わたしは武道・格闘技系しか経験がない球技オンチなのですが、おそらくゴルフやテニスなどでも「小指側で引っ掛けるようにグリップし、全身を伸びやかに使う」といった指導があるのではないでしょうか(的外れだったらごめんなさい)。
 それを言うならバンドやダンベルなどといった握りやすいものではなく、マス大山なみに自然石か何かで稽古した方がベターなのですが、それをやり出すとフィットネスというよりは修行の領域に入ってしまうので、お気楽にできることだけやります。

 ワンツーのツーを打つ時、前足内側を意識し、回転ではなく沈む力を使う、ということは「ビリーズブートキャンプ 効果 続報」でも書きました。
 このワンツーで、最初は4分、次に8分みたいなリズムで打っている時、16分くらいのスピードでタタン、と打つようにするとより効果的です。これは単に「速くしろ」ということではなく、実際にパンチを打つ時は、むしろリズムがズレる、変化する方が読みにくい打撃になるからです。いや、別に本当に人を殴る必要は全然ないのですけれど・・。
 また、ワンツーではなくスリーまで打つクセをつけておくと実用的です。
 これはわたしが若かりし頃に受けた教えで、別に「いっぱい打った方がイイ」という意味ではなく、流す程度でもスリーを出すクセがあると、ツーで身体が開いたまま居着いてしまうことを避けられるからです。特に一般の方は後ろ手のツーで「ブン殴る」動きにとらわれがちです。ツーが力んだ大振りになると、バランスが崩れ正中線も丸出しになり、スキだらけです。カッコだけでもスリーを打てば、とりあえず半身の比較的ガードの固いポジションには戻れます。
 コンビネーションというのはすべてを均等に打つのではなく、必ず強弱のキメがあるものです。「フィットネス」としては「イチ・ニー」と可愛く打てば上等なのですが、スピードを上げてキメを意識すると「フィットネス+α」になるのではないかと思います。

 武道ヲタなことを偉そうに書いてしまいましたが、エスカレートしていってある日突然辞めてしまったら意味ないので、あくまで「フィットネスお姉ちゃん」なスタンスで楽しむことにしています。そういうことが過去に何度もあったので(笑)。
 念のためですが、別段わたしは強くありません。平均的日本女性に比べればかなり戦闘力はあると思いますが、戦闘サイボーグとしては相当ダメな方だと思います。規準がさっぱりわかりませんが
 ジュリアンを7秒でボコれることを目標にしておきます。

 一ヶ月ほど前にまた軽く手術することになってしまい、二週間運動禁止令が出たのですが、切ったのは下半身なので上半身は一週間目から動かしました。残念ながら、今も蹴りは控え目にしています。蹴ること自体は普通にできるのですが、傷跡が残りやすくなるらしいので、軽めに流したり代替トレーニングでお茶を濁しています。
 「ハイキックの蹴れる四十歳になって、近所の子供にムエタイババァとして恐れられる」を人生の目標にしてきたわたしにとって、蹴りができない期間が長引くのは非常に気が重いのですが、戦闘力と美容を秤にかけて、一時的に見た目優先にしておきます。
 一時的じゃなく全面的に優先しろよ、というツッコミの大合唱が聞こえるようです。

 ちなみにわたしは王道ショップジャパンで購入したのですが、アマゾンで探すと『Basic Training & Ultimate Bootcamp (2pc) (Slim)』 という「基本」「応用」の二枚組みがあります。レビューを見ると「腹筋」「応用」が付いているやら付いていないやらハッキリしないのですが、この二つはオマケのようなものなので、「基本」「応用」だけで良いと思います。
 ただ、おそらく字幕ナシで、DVDプレーヤーによってはリージョンの関係で再生できない可能性もあります。それはクリアしたとしても、ビリーバンドが付属していないのは厳しいです。はっきりいって、ビリーバンドなしのブートキャンプなど運動のうちに入りません。余程運動オンチでなければ、何らかの形で負荷をかけないと効果は期待できないと思います。
 アマゾン組ではアルインコのボディトリマーEX-008をビリーバンド代わりにしている方が多いようですが、この形状ではブートキャンプのエクササイズには適さない気がします。うまく工夫すると代用になるのでしょうか。
 確かに安いDVDではないのですが、5,000円キャッシュバックとビリーバンドを優先して、ショップジャパンで買う方をお薦めしておきます。。
 それから、住環境に恵まれた方以外は振動対策必須です。ウチはジム用のウレタンマットがある異常な部屋なので万全ですが、そういうトチ狂った人はそういないと思うので、せめて丸められるヨガマット程度は用意しましょう。近所迷惑を気にして遠慮しているようだと、思い切り身体を動かせません。
 もちろん、普段運動していない人は、最初はバンドなしでまったく問題ありません。というか、いきなり頑張りすぎるのは絶対NGです。最初の一週間は筋肉痛地獄でしょうが、必ず適応するので心配する必要はないです。最初から筋肉痛にならないような運動なら、やらない方がマシです。自分の身体の潜在能力を信じ、筋肉痛な自分に酔いましょう。


ブートキャンプ関連エントリ:
ブートキャンプやってます!
ブートキャンプ日記
ブートキャンプ まとめ&効果
ビリーズブートキャンプ 効果 続報

はてなブックマークに追加  delicious_s.gif  このエントリをlivedoorクリップに追加 FC2ブックマーク ニフティクリップ Yahoo!ブックマーク .

カテゴリ:武道・身体操作・エクササイズ <この記事を気に入って頂けたら、同カテゴリの過去ログを参照してみてください
よろしければクリックしてください>人文blogランキング  ランキングオンライン にほんブログ村ブログランキング


ブートキャンプのちょっと格闘技な使い方

« メールを出さなければ電車に乗り遅れられるのか、誰が電車に乗ったのか、愛は終着駅で致命的出会いにたどり着くのか | ish☆手作りスキンケア・サイボーグ | はてなスターをMovable Typeで好きな位置に表示させる »

コメント

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?