ひっぱたきたくなくても、ひっぱたく

2007年08月17日 | コメント (1)

家族の<骨>

2007年08月13日 | コメント (0)

岩明均『ヘウレーカ』 科学のディスクールと<真理>の鏡

2007年08月11日 | コメント (0)

「少数派マジョリティ」は片想いし、シャハラザードは聞き上手を求める

2007年08月08日 | コメント (0)

『聖典「クルアーン」の思想』大川玲子

2007年08月07日 | コメント (2)

待つ自由、諦める自由、丸神頼之の選択

2007年08月03日 | コメント (0)

非ムスリムがブルカで出社する

2007年07月31日 | コメント (0)

"How to Read Lacan" スラヴォイ・ジジェク

2007年07月30日 | コメント (0)

本当の友達

2007年07月29日 | コメント (0)

掃除革命的グラフィティ・アート

2007年07月27日 | コメント (0)

mixiと女社会と「泥の文明」

2007年07月26日 | コメント (0)

『民族と国家』ナショナリティ・エスニシティ・パトリ

2007年07月25日 | コメント (0)

隔離地域に火を放て

2007年07月25日 | コメント (0)

空気が読めない者、その罪状と判決

2007年07月23日 | コメント (0)

「わたしのことどう思う?」という問いは何を隠すのか

2007年07月19日 | コメント (0)

恋愛と郷愁

2007年07月18日 | コメント (0)

文化と文明、サイボーグ・ファシズムと母の殺害

2007年07月17日 | コメント (0)

webは「砂の文明」である

2007年07月16日 | コメント (0)

大川周明とイスラーム、日本のイスラーム化と「さておかれない冗談」

2007年07月15日 | コメント (0)

メールを出さなければ電車に乗り遅れられるのか、誰が電車に乗ったのか、愛は終着駅で致命的出会いにたどり着くのか

2007年07月12日 | コメント (0)

バカ正直こそ最も危険な反権力分子

2007年07月10日 | コメント (1)

革命家は制止を振り切ってゴミを拾え

2007年07月08日 | コメント (2)

遅かれ早かれ破滅でも、遅いか早いかは大問題、しかし問題のすべてではない

2007年07月02日 | コメント (0)

「めちゃモテ」と世界最強

2007年07月01日 | コメント (0)

出来ちゃった革命

2007年06月28日 | コメント (0)

ラディカル・デモクラシーと「ただの民主主義」

2007年06月25日 | コメント (0)

『ラカンと政治的なもの』 ヤニス・スタヴラカキス

2007年06月21日 | コメント (0)

ドリトル先生と差別、なぜ多様性も「アイデンティティ」も無効なのか

2007年06月17日 | コメント (0)

身体を信じることは身体感覚を信じることではない、物質を愛することは自然を愛することではない

2007年06月06日 | コメント (0)

スラヴォイ・ジジェク『人権と国家』、寛容と自由

2007年06月04日 | コメント (0)

『日本の失敗―「第二の開国」と「大東亜戦争」』 松本健一

2007年05月29日 | コメント (0)

寛容さと共存の何が問題なのか

2007年05月28日 | コメント (0)

「非コミュな一体感」、一体感とインタラクティヴ性

2007年05月27日 | コメント (0)

オルテガ『大衆の反逆』、空地、国家

2007年05月23日 | コメント (0)

アンドリュー・パーカー『眼の誕生』と対象aとしての眼差し

2007年05月20日 | コメント (0)

『ウィトゲンシュタイン―天才哲学者の思い出』 ノーマン・マルコム

2007年05月19日 | コメント (0)

『ファシズム』 山口定

2007年05月16日 | コメント (0)

自由意志、自己決定、「他者を手段としてのみならず同時に目的として扱え」

2007年05月14日 | コメント (0)

採集民のススメ

2007年05月12日 | コメント (0)

食と戒律、越境するファンタジー=愛

2007年05月09日 | コメント (0)

サイボーグ・ファシズム

2007年05月03日

人間のフリをする人間

2007年05月02日 | コメント (0)

ムッソリーニ、人種、自由

2007年05月02日 | コメント (0)

ファンタジーとファシズム

2007年05月01日 | コメント (0)

にせファシスト

2007年04月30日 | コメント (0)

「敢えてファシズム」

2007年04月30日 | コメント (0)

ファシズム・全体・死者とネットの人間関係

2007年04月29日 | コメント (0)

『ムッソリーニ―一イタリア人の物語』 ロマノ・ヴルピッタ

2007年04月25日 | コメント (0)

『動物感覚―アニマル・マインドを読み解く』 テンプル・グランディン

2007年04月21日 | コメント (0)

『世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて』 柄谷行人

2007年04月20日 | コメント (0)

『我、自閉症に生まれて』 テンプル・グランディン

2007年04月18日 | コメント (0)

自閉症、統合失調症、「人間のフリをする」

2007年04月16日 | コメント (0)

リズムと物語、イスラームとアスペルガー

2007年04月14日 | コメント (0)

『妻を帽子とまちがえた男』 オリバー・サックス

2007年04月09日 | コメント (0)

『左足をとりもどすまで』 オリバー・サックス

2007年04月06日 | コメント (0)

『火星の人類学者』 オリヴァー・サックス

2007年04月03日 | コメント (0)

虚空に向かって書くからこそ丁寧に書く

2007年03月25日 | コメント (3)

『ヒトは環境を壊す動物である』

2007年03月23日 | コメント (0)

『神々の沈黙』3 決定者、内言

2007年02月21日 | コメント (0)

『神々の沈黙』2 書かれたもの、交易、欺き

2007年02月19日 | コメント (0)

『神々の沈黙』1 意識、声

2007年02月18日 | コメント (0)

『天才と分裂病の進化論』 脂肪酸と統合失調症

2007年02月11日 | コメント (0)

『天才と分裂病の進化論』 脂肪酸と進化

2007年02月10日 | コメント (0)

『性倒錯の構造―フロイト/ラカンの分析理論』 藤田博史

2007年02月05日 | コメント (0)

2ちゃんねる型「正義感」、善意、価値判断と事実認識

2007年01月20日 | コメント (0)

エリック・ホッファー、田舎暮らし幻想、「住めば都」

2007年01月18日 | コメント (0)

『ラカンとポストフェミニズム』、性別化の定式

2007年01月04日 | コメント (0)

『ウィトゲンシュタインと精神分析』、自然にしていたら自然にできない

2007年01月03日 | コメント (0)

長崎訓子さんのイラストがすごい

2006年12月30日 | コメント (0)

進化しすぎた脳、タブララサのパラドクス

2006年12月29日 | コメント (0)

聖書、たとえ話、パラボレー

2006年11月25日 | コメント (0)

「余り」について

2006年11月12日 | コメント (0)

追い抜いちゃった人たち、愛=暴力、資本

2006年11月06日 | コメント (0)

webのフラットさによる暴力はweb自体によって去勢されるという微かな希望

2006年10月16日 | コメント (0)

ブログ記事評価におけるテクストの自律性を問おうとして人格概念と意味についての議論にはまりこんでみる

2006年10月15日 | コメント (0)

『私家版・ユダヤ文化論』内田樹

2006年07月30日 | コメント (0)

『アメリカの原理主義』河野博子

2006年07月28日 | コメント (0)

『アメリカの論理』 吉崎達彦

2006年07月27日 | コメント (0)

『イスラーム戦争の時代』 内藤正典

2006年07月09日 | コメント (0)

『斜めから見る』スラヴォイ・ジジェク

2006年06月29日 | コメント (0)

『ウィトゲンシュタインはこう考えた』鬼界彰夫

2006年06月16日 | コメント (0)

『私・今・そして神 -開闢の哲学』永井均

2006年06月04日 | コメント (0)

福武さん

2006年05月28日 | コメント (0)

『UFOとポストモダン』木原善彦

2006年05月17日 | コメント (0)

『スピノザの世界』上野修

2006年05月16日 | コメント (0)

とりかえしのつかないこと、「どうしてこんなことになってしまったのか」

2005年10月05日 | コメント (0)

「狂気」という言葉、名前をつけること

2005年10月03日 | コメント (0)

「告白」 町田康

2005年10月02日 | コメント (0)

「チョーク!」チャック・パラニューク

2005年09月17日 | コメント (0)