アクセス解析

prev< 眠るために生まれてきた >next
2005年04月03日

転ぶ

 功を焦ると転ぶ。わたしはいつも転ぶ。転んだことをすぐ忘れるのでまた転ぶ。
 こんなによく転ぶのは、実は転ぶのが好きだからじゃないのか、と薄々気付いているのだけれど、気付いているのを気付かれると恥ずかしいので、気付いていないフリをしてまた転ぶ。そのうち頭を打って本当に忘れてまた転ぶ。

この記事のカテゴリはカカリツケ


転ぶ

« ここ | 眠るために生まれてきた | 完全なる過去 »