アクセス解析

prev< 眠るために生まれてきた >next
2005年06月25日

むしろ出会わないために

 本当に皆、出会いを求めているのだろうか。
 出会ってしまうのは恐ろしいことだ。
 何と出会うのか。
 決定的なもの、決められてしまうものに。「お前は……」と、名付けるものに。
 この出会いは致命的で、「出会ったが最後」だ。

 出会おうとして、出会い損ねる、このホメオスタシス、「穴の回りを廻る」ことにこそ核心がある。
 しかし一方で、やはり「最後」には出会ってしまうのであり、つまりは出会わせる何か、という力動についても考えないわけにはいかないのだが。

 ナイーヴな二元論としてしばしば批判されるフロイトが、実に正鵠を得ているのはこの点だ。
 このあり得ないはずのニ元性に目を閉ざしてしむほうが、よほど愚劣なのだ。

この記事のカテゴリはカカリツケ


むしろ出会わないために

« 生きない生き方 | 眠るために生まれてきた | 許されすぎていること »