アクセス解析

prev< 眠るために生まれてきた >next
2005年12月31日

役割に対するナルシシズム

 「役割に対するナルシシズム」という表現は、去勢を理解するうえでわかりやすいかもしれない。
 存在に対するナルシシズムに陥ったものは、うまく「人間」になることができない。
 役割に対するナルシシズムは、メタ化したナルシシズムであり、一見objectであることを放棄し永遠にfadeし続けるsubject(もちろん斜線を引かれた)として振舞っているようだが、その「役割」をモノとして「見て」と訴えている。
 「こんなに<主体的>なボクを見て!」というわけだ。
 フロイトが同一化に執心した所以である。

 これはカプセル化した機能自体を構造としてとらえる「妥協案」とも言える。カプセル化することで、ナルシシズムは経済に出ることができる。あるいは、ナルシシズム自体を流通させることができる。
 すると、このシステムが揺らいだとき(役割が失われたり、自我が余計なことをし始めたとき)の対処というのも比較的考えやすくなる。
 重要なのはインターフェイスを動かさないことだ。つまり、役割は固持しなければならない。
 だが、インターフェイスを維持するためには、カプセル内部にいつでも手を伸ばせる用意がなければならない。
 ここに注意が向きすぎては役割に対するナルシシズムは成立しない。
 一方で、インターフェイスを維持できる程度には、privateなフィールドを把握していなければならない。

この記事のカテゴリはカカリツケ


役割に対するナルシシズム

« 何も作らないエンジニア | 眠るために生まれてきた | お母さんが »