アクセス解析

prev< 眠るために生まれてきた >next
2006年09月26日

異性

 異性とは<わたし>のことである。

 二種類の性別があるわけではない。まして、二種類の人間がいるわけではない。
 人間は常に一種類である。
 それは「わたしたち」だが、「<わたし>-たち」なわけではない。
 つまり、じゃれあう男子高校生たちの群れ、あるいは化粧室の女子高校生たちだ。
 「わたしたち」人間は、そのような他我的モデルのことであり、蝋人形のようなげっ歯類の一群である。
 <わたし>でも「わたしたち」でもないものがいるが、それは誓いを立てる相手であり、その想定によって「わたしたち」が成り立つ星座だ。

 常に性別は一つであり、<わたし>と「わたしたち」と<他者>の関係だけがある。

この記事のカテゴリはカカリツケ


異性

« 「こうなってしまった」以前を問わない義務、「補完」の不適切さ | 眠るために生まれてきた | 眠り »