アクセス解析

prev< 眠るために生まれてきた >next
2006年09月28日

転換

 不足の獲得。

 決して「本来の場」の取得あるいは回復ではなく、相補的な場への移行でもなく、完全体となることでもない。
 だが、これらの中で最も馬鹿げて見える最後の幻想には、意図を裏切る真理がある。
 不足に困らない者、余剰を持て余すことのない者は、「丁度良い」からだ。

 ところが、そのような者とは、彼あるいは彼女が元々そうであったものなのだ。
 ただ、過ぎ去らないことにはそれとして見出すことができない、というだけで。

この記事のカテゴリはカカリツケ


転換

« 眠り | 眠るために生まれてきた | 不足 »