アクセス解析

prev< 眠るために生まれてきた >next
2006年10月09日

責任の範囲

 「誰が思考しているのか」については思考しないことだ。
 それは権限の範囲を越えている。
 「誰が思考しているのか」は、思考の結果を受け取った(その思考を呼び出した)オブジェクトが思考することだ。

 ところが、わたしたちには「誰が思考しているのか」を思考する再帰的能力が備わっていて、これが「健全」な精神生活を脅かす。
 つまり、invokeさせられた段階で、わたしたちにはある値がセットされるわけだが、その値は個別性の識別子であるように見えながら、その個別性をインスタンス内部からしか参照できない、無意味な識別子なのだ。
 だから、その識別子(とそれを活用するメソッド)については、存在だけを知っていれば良い。
 要請があったときには、しかるべき手続きに則り思考し、それ以上思考しないことだ。

この記事のカテゴリはカキツケ


責任の範囲

« 時間のかかる証明 | 眠るために生まれてきた | 物真似しかできない者たちの錨 »