アクセス解析

prev< 眠るために生まれてきた >next
2006年11月18日

美を売り渡さない生

 生存(快感原則、ホメオスタシス・・)が美を損なっていくなら、美によって生きる道もある。
 しかしそれは、美を切り売りして生きることではない。
 逆説的にも、美を売り渡さないことが、それを糧として生かす唯一の方法である。
 なぜなら、そこで実現されるのもまた、限界付けられた生という逆説そのものだからだ。

 二種類の生があるわけではない。
 さまざまな場所で語るもの、蠢き、これらの間を症候が渡り歩く。

この記事のカテゴリはカカリツケ


美を売り渡さない生

« 森の奥で大木が倒れる音 | 眠るために生まれてきた | 憎悪の仲裁 »