アクセス解析

prev< 眠るために生まれてきた >next
2007年10月03日

可能な性関係

 あなたのファンタジーがわたしを抱けるなら、わたしを抱いたらいい。
 そこにわたしがいなかったとしても、わたしたちは多分、セックスしているのだ。

 誰も届いたりはしない。
 好きなようにわたしの上を通り過ぎればいい。
 そこで語られる物語に、わたしは届かないが、届かないわたしのことなど、わたしは知らない。興味もない。

 わたしは墓の下で死を待っている。わたしの上で誰かがセックスしている。

この記事のカテゴリはカキツケ


可能な性関係

« 将来のゆめ | 眠るために生まれてきた | 風 »